2011年05月23日

The Big Weekend

今更ながらのブログ更新。

5/13-15、二泊3日で河口湖に住む友人を訪ねていった。

その友人というのは、アウトドア・エッセイストの木村東吉さん
東吉さんは1992年、初の日本人チームリーダーとして世界一過酷と云われている「レイドゴロワーズ」に出場しています。その後も日本国内で数々のアドヴェンチャーレースを手掛けていた。

まさしく、私の大先輩!

前々から「遊びに行きますね!」と言いながらなかなか実現されなかったが、ようやく実現された。

金曜日の午後、高速バスで河口湖へ。
トレーニング(遊ぶ気?)やる気満々でMTBも輪行バッグに入れて持って行った。

2.5日間、この上ないほどの素晴らしい天気に恵まれた。
正にThe Dayならず、The Weekend!

沢山トレイルを走り、マウンテンバイクで樹海を走り抜け、それが終わるとみんなでお酒と料理を楽しんだ。

携帯電話に触れるヒマもなく過ぎて行った週末はあっという間だった。

何が楽しいと思うかは人それぞれ。
だけど自分が楽しい!と思うことを、相手も同じように思いそれを共有することによりもっともっと楽しめる。

大自然の中で思いっきり身体を動かして、美しい景色を楽しみ、みんなで料理して、沢山お話しながら食べて、飲んで、とても「人間らしい」時間を過ごした。

普段独り暮らしをしていると、そんな生活がとても懐かしく羨ましく思えた。
東吉さん手作りの彼のお家は、人間が最も人間らしく生活できる空間があった。
そしてその中(仲間)に入れて貰えたことがとてもとても有り難かった。
初めて遊びに行ったのに、全く違和感なく木村ファミリーに自分が浸透していた。

自然の流れに逆らわず、自然に生かせてもらっていることを大いに体感した。

また来ても良いですか?という質問に対して、

「うちはいつでもウェルカムだ!」

と東吉さん、奥様の直子さん、カホさんが私にbig hugをくれた。

しかし河口湖は近い。都内から1時間半!

これは通うしかないかな〜・・・!?

フォトアルバムをコチラから一般公開中。
posted by ワッキー、ケイ、K,Kay Waki at 16:35| Comment(0) | 生活あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

仲間がいる幸せ

CIMG0168.JPG


アウトドア界で有名なフォトグラファーと言えば、柏倉陽介さん・・・

なんですね!(陽介さん、失礼!!)

・・・実は、名前は存じ上げていましたが彼と初めてお会いしたのはパタゴニアに発つ成田空港でした。レースでは彼がイーストウインドと同行して撮影してくれました。

陽介さんの写真は世界最高峰の写真コンクール(International Photography Awards Competition)で3位になるなど他のコンクールでも入賞していてスゴイんです。

でも凄く謙虚で一緒に活動していて全然そんなにスゴイ人、という感じが伝わってこないのです。
本当に実力がある人ってそうなんですよね。

自慢しないというか、自分の実力はまだまだだと思っていていつも謙虚でいる。

写真の腕はもちろんだけど、そんな彼の性格があって彼は世界で活躍できるカメラマンなのかもしれません。

今回一緒に旅をして、彼は私が信じるあることを証明してくれました。

「コトバ(英語)が出来なくても心は通じ合えるし、コミュニケーションだって取れる」

コトバはタダのコミュニケーションの便利な道具であって、それが無ければコミュニケーションが取れないというのは嘘。むしろ、コトバが通じないからこそ楽しめることが沢山あると思います。

「僕英語が出来ないから、和木さんがいて本当に助かる〜」
と言っていた陽介さんですが、私がいなくっても自分でちゃんとジェスチャーと、知っている限られた単語を並べて積極的にコミュニケーションを取っていて彼を見かけるたびに、他の撮影クルーといつもケラケラ笑いながら何かをしていました。

彼の場合は「写真」という道具を使ってコミュニケーションを取っていた。
何か一つでも自分が情熱を持ってやっていることがあれば、それをツールにして同じ情熱を持つ人たちと、例え言葉は通じなくても延々と熱く話ができるものです。

陽介さんはパタゴニア・レースのスタッフ間でも人気者でした。
世界で自然や旅の写真を撮っている素晴らしいカメラマンのトニーさんからも「ヨウスケは本当にストロングカメラマンだ」と何度も褒められていました。


レース前と後、チームでパイネ国立公園に行った際も彼が一緒に来ていて沢山一緒に笑って、なんだか彼もイーストウインドのチームメンバーな気がしました。

レースが終わりチームは一足早く日本へ帰国したとき、陽介さんが自身のブログに、

「EAST WINDのみなさんが帰国して、なぜだか取り残されたようになった・・・・
それにしても独りで食べるハンバーガーは少しも美味しくない。」

私も帰国して自分の一人暮らしのアパートに戻り、全く同じことを考えていました。

メンバーと陽介さんと過ごした1ヶ月間が終わり帰国し、彼らから離れて独りで摂る食事はちっとも美味しく感じなかった。


で、話は少し脱線しますが・・・
先週の金曜、ある友人とパタゴニアの報告を兼ねて一緒にランニングをして帰りに一杯引っかけていたときに改めて思いました。

アドベンチャーレース・エンデュランス競技の先輩なので、共通の知り合いも沢山いたり何かと話が合うのでいつも楽しくビールが飲める友達です。

一緒に走って、風呂でサッパリして、冷たいビール、美味いツマミ、気の合う仲間。

何気ない夜だったけどなんだか凄く楽しくてとてもとても幸せな気分になりました。
自分が思うこと、大好きなアドベンチャーレースについて、ランニング、生活や幸せについて色々な話をシェア出来る友達がいるというのは本当に幸せなことだと思えました。

友達に、仲間に、家族に、健康に、全てに感謝したくなりました。

別れ際にその友達は私に、
「今日はわっきーにお礼を言わなきゃ。悩んでいたことがあったんだけど勇気をもらった、ありがとう。」

そう言って電車に乗っていった。
彼の悩みがなんだったのか詳しくは聞いていないけど、自分が情熱を持って楽しくてしょうがないことを話していただけなんだけど、「勇気もらった、ありがとう」と言われ照れ臭くもあり、自分がやっていることは間違っていない、って自信が持てた気がします。
ありがとうございました。

自分も周りの人間も、みんながハッピーで高めあうことが出来る関係って素晴らしく良い関係ですよね。
posted by ワッキー、ケイ、K,Kay Waki at 17:15| Comment(8) | 生活あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

New Year, New Me, New Blog!

新年明けましておめでとうございます。

と、言っても明けてから既に約半月が経ってしまいました。
この度、約1年間書いたブログKay's Weblogから今ご覧いただいているLove Adventure Racing!のブログへ引っ越しすることにしました。

2010年沢山のレースに出場し、充実したトレーニングの日々を送り、沢山の素晴らしい出会いがありました。そんな楽しい充実した日々を綴ったのがKay's Weblogでした。
Kay's Weblogは公開しておきますが、アップデートはされませんので今後はコチラのブログを宜しくお願いいたします。


昨年11月、今後の自分の人生に大きく影響を与えるであろう出来事がありました。
それはチームイーストウインドのトレーニング生への応募し、採用して頂きました。


2011年は仕事とチームイーストウインドでの活動をどう上手く両立させるかがマイ・ライフの挑戦になりそうです。

仕事をしつつイーストウインドの正規メンバーを目指したいと思っています。
イーストウインドのメンバーとしてアドベンチャーレースやアウトドアスポーツの普及活動と共に、アドベンチャーレースの楽しさ、努力・挑戦することの素晴らしさなど発信していけたら良いな、と思います。


色々な意味で新しい年を迎えるということで、ブログも私も心機一転!

というわけで一発目のタイトルをNew Year, New Me, New Blog


皆様、今後ともご指導の程どうぞ宜しくお願い致します。
posted by ワッキー、ケイ、K,Kay Waki at 15:26| Comment(6) | 生活あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。